八戸の桜の開花はもうすそこ!花粉には注意!

いちだんと春らしくなってきた八戸です。日中の気温も15℃を超える暑さになり花粉も飛びまくっているはず!白いマスクと帽子をかぶっている人を多く見かけますが、花粉症はみなさん大丈夫ですか?花粉症になる人は自律神経の乱れが原因です!ちょっと健康面にふれてみたいと思います。

八戸の桜の開花はもうすそこ!花粉には注意!

 

2019年4月16日現在の八戸公園桜状況


2019年4月16日現在の八戸公園桜状況

 

今日は全国的に気温が上昇してきたという事で、いろんなところで夏日を記録したほど暑かったそうですね。

そんな八戸市内でも、15度以上の気温を観測し、半袖を着て歩いている人もおりました。

そんな八戸市ですが、公式Twitterでは「八戸公園の蕾が育っている」とありました!

 

気温差アレルギー!?花粉症!?


気温差アレルギー!?花粉症!?

お天気の気象予報士の人が「気温差アレルギーに気を付けてください」取っておりました。

そもそも気温差アレルギーってなんぞや・・・!?

気温差アレルギーあるいは寒暖差アレルギーという物があるそうす。

自律神経の乱れが原因!

そうです。激しい気温差が原因で、自律神経が乱れてしまうのだそうです!

自律神経とは、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうことで、メンタル的なストレスはもちろん、外感ストレスも関係しているそうです。

「自分はストレスをため込まないから大丈夫」

そんな人は要注意です!

 

風邪似た症状もある!?時には高熱も?

風邪とよく似た症状として、くしゃみ、せき、鼻づまり、それから頭痛、蕁麻疹など。

過去にこのような症状があった経験ありませんか?

まきは全部経験があります。特に一番ひどかったのは「蕁麻疹」でした。

蕁麻疹は心のストレスも関連があると紐づけられていますが、花粉の時期は寒暖差アレルギーと言うのもを初めて知ったのはこの時でしたね

 

どのように対処するか


どのように対処するか

 

とにかくリラックスする!これに限るのです。まずは心にストレスをため込まないようにすることと、外からの刺激に対応できる環境を整える事。

栄養バランスの整った食事

五大栄養素「糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル」が必須だという事は常識ですが、意外ととれていないのが現状ですよね・・・

近年は糖質、脂質、たんぱく質は取れているけれど、ビタミンやミネラルが現代人には足りていないのだそう。意識して取り入れるしかないですよね、また補助食品としてサプリメントに助けてもらってもいいのでは!?

お風呂に浸かってリラックスタイム

お風呂は緊張しまくった交感神経を副交感神経へスイッチ入れてくれる役割があります。

お風呂に入ると血管が広がって体が温まってくれるのでリラックス効果があるみたいですね!だいたい40℃くらいのお風呂が理想的らしいです。

適度な運動で体を動かそう


適度な運動で体を動かそう

やはり運動。これは必須ですね。社会人になると運動する機会が減少します。よって運動不足により血流が滞ってしまい、老廃物が排出されないままで体が冷えてしまうと聞いたことがあります。

運動が苦手な人は、部屋でテレビを見ながらスクワットするのもおすすめ!

 

自律神経を整えて花粉症とサヨナラ


自律神経を整えて花粉症とサヨナラ

 

花見もいいけれど、まずは体調管理を行いましょう。日頃からストレスをため込みやすい人はゆっくりとお風呂で体を温め、睡眠は充分しっかり補い、体調を整えるのがいいですね。

 

まきさん

在宅ワークを楽しんでいるアラフォー女性。まだまだやりたいことがたくさんあってただいまチャレンジ中!
他にもブログやハンドメイドも行っています。何か八戸の情報発信とか身近なこと、役に立つ情報などお伝えして行けたらいいな。